MENU TEL

Blog記事一覧 > スタッフのお話,聖一色院 > ランニング障害について   静岡市駿河区葵区清水区スポーツ治療

ランニング障害について   静岡市駿河区葵区清水区スポーツ治療

2016.03.25 | Category: スタッフのお話,聖一色院

こんにちは、山本です(*^_^*)
ランナーの方々の中には足の故障に悩まされる方も数多くいらっしゃると思います。
僕もランニングを始めて、スネの内側に痛みを覚えました。ランニング障害のシンスプリントです。

12814047_130189030707230_946421542180489295_n
シンスプリントは前方型と後方型があります。
前方型のシンスプリントは、土踏まず前方の筋肉に負担がかかることによって引き起こされます。
足先を上げる動作が過剰な走り方をしていると起こりやすいと考えられています。
後方型のシンスプリントは、スネ周りの筋肉が土踏まずのアーチの崩れや踵の負担により下に引っ張られて起きるケースが多く見られます。

原因としていくつかありますが、過剰な使い過ぎや走る際のフォームの崩れ、足底アーチの崩れやO脚などのアライメント不良
中学生や高校生など新入部員が、ハードなトレーニングを集中的に行った場合によく頻発します。

扁平足やハイアーチの人はシンスプリントになりやすい傾向がありますので要注意です。
当院では低周波治療、超音波治療などによりシンスプリントの痛みと炎症を抑え、施術、テーピングなどを組み合わせて後脛骨筋や腓腹筋、ヒラメ筋にアプローチした治療を行っております。他にもランニング障害で悩んでいる方お気軽にご相談ください。

44272_130189034040563_8736782812663543484_n

【シンスプリント】
ランニングなどの走る運動によって引き起こされるシンスプリントは、脛骨と前脛骨筋や後脛骨筋の筋膜との間に起きた摩擦や、ヒラメ筋が擦れる事による炎症で骨膜炎というものが発生している状態です。脛骨下内側3分の1付近に痛みが発生します。

当院へのアクセス情報

えがおの鍼灸整骨院 聖一色院

所在地〒422-8007 静岡県静岡市駿河区聖一色88-1
電話番号054-295-9088
駐車場14台あり
休診日木曜日午後 (木曜日の診療時間 9:00~12:00)