TEL

アキレス腱炎       | 静岡市で口コミNO1の整骨院!保育士在籍・安心の院内保育・子連れOK 駿河区・清水区 えがおの鍼灸整骨院 聖一色院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > アキレス腱炎      

アキレス腱炎      

2016.04.04 | Category: スポーツ障害

おはようございます。
山本です(*^_^*)

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎はアキレス腱を使いすぎることから発症することの多いスポーツ障害の一種です。

症状は、全力で走ったり、ジャンプしたり、強く踏ん張った時だけ痛みがでることが多いです。
初期の痛みはそれほど強くありません。多くの方々は、スポーツを続けてしまいます。
その結果、悪化させてしまうのです。
※アキレス腱を押さえてみると、アキレス腱自体が硬くなっており、押すと強い痛みや腫れていることもあります。

12801630_153194051740061_3593812133908153995_n

主な原因は、ランニングやジャンプ時に、ふくらはぎの筋肉が収縮すると
アキレス腱にテンションがかかり、かかとの骨を引き上げます。

そのアキレス腱にかかる負荷の蓄積によりアキレス腱に微細な傷・断裂が発生し、炎症を起こすことによって
アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎が発症します。

オーバーユース(使い過ぎ)によるアキレス腱への疲労蓄積が主な原因です。

施術初期では痛みや炎症症状が消失するまでの間、患部の安静と炎症を抑えるためのアイシングを行います。
基本的な目安は、アキレス腱周囲の「圧痛がなくなるまで」と考えてください。

炎症がなくなってきたら、温熱療法やストレッチ、手技療法などでアキレス腱の柔軟性の向上をはかる施術を行います。
予防としてウォーミングアップ前に、ふくらはぎやアキレス腱をしっかりと伸ばすなど入念に行いましょう!