TEL

不妊症治療① | 静岡市で口コミNO1の整骨院!保育士在籍・安心の院内保育・子連れOK 駿河区・清水区 えがおの鍼灸整骨院 聖一色院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 不妊症治療 > 不妊症治療①

不妊症治療①

2019.03.28 | Category: 不妊症治療

 

 

 

皆様こんにちは!
いつもブログを読んで下さりありがとうございます😄
聖一色院の樽井です🌟

 

 

ここ最近当院では、特に産後のママさんに産後骨盤矯正が大人気!!
午前中は保育士さんが在籍しているのでママさんたちと一緒に
普段あまり触れ合うことのない赤ちゃんでたくさんです!!
見ているだけでも癒されるあの可愛さ!!無敵ですね😂💕

 

 

当院ではもう一つ産後のママさんたちのケアだけではなく
赤ちゃんを迎えるママさんのサポートとして
『不妊症治療』をおこなっております!

 

 

近年そう珍しくもない身近なこの不妊症という単語。
女性ならばやはりママになりたいという思いは必ずあることだと思います。
そんな皆様の一大ライフイベントに何か私たちにもお手伝いができることがあることを
知っていただくために少しシリーズ化してお伝えしていこうと思います!

 

 

 

現在6組に1組のカップルが不妊症といわれ
3,5組に1組2人目不妊で悩み
不妊の検査や治療を受けたことのあるカップルは5,5組に1組の割合で増え続けています。

第15回出生動向基本調査/国立社会保障・人口問題研究所(2015年)より

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも不妊とはどんな状態なのか??

 

 

 

 

定義として
健康な男女が妊娠を希望し、避妊をしないで「一定期間」夫婦生活を行っても妊娠しない状態を言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

通常の夫婦生活を送っていると1年で80%、2年で90%のカップルが赤ちゃんを授かるとされています。
残りの10%が不妊症と考えられ、タイミングを見計らっても自然に妊娠する可能性は低くなります。
自然妊娠しない「一定期間」の目安は、日本産科婦人科学会では1年としています。

 

 

では不妊症の原因は??

 

 

妊娠のメカニズムは複雑で不妊の原因は男女1:1の割合
決して女性だけ、男性だけの原因ではないと数々のクリニックで公表していて
また、晩婚化も絡みながら不妊症は複数の原因が絡み合って起こることが多いとのこと。
ちなみにWHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計で11%が原因不明となっています。

 

断定して原因がこれ!!
というのは中々見つからないほど複雑なものが不妊症なのですね。

 

では男女ともに考えられる原因とはなんぞや!?
といのはまた次回にして😂(もったいぶってすみません)

 

当院で行う治療について少しお話を…

 

病院のような血液検査やエコー検査はなく
治療のうちの1つとして患者様のお腹を触診していきます!

 

お腹にも良し悪しがありまして☺
健康そうだなぁ、若々しいなぁと判断するお腹は
イメージとしてはつきたてのお餅とよく似ています!

 

温かくスベスベしていて、どこを押さえても均一に柔らかい状態です。
逆につきたてお餅状態から離れていくと不調なところがあるかもしれません。
表面がパキパキになったり、冷えて硬くなったり
豆大福のように押さえて中に硬さがあったり
水っぽくフニャフニャになったり…

 

 

簡単にできるセルフチェックがあるので
ぜひ試してみてください!!

仰向けに寝転ぶと分かりやすいです。
(座っていると分かりにくい…)

まずは押さえるより触れる程度に。
手のひら全体を使い力まないように優しくです

順番としてはおへそのに手を置き

 

 

 

 

次におへそとみぞおちの間

 

 

 

 

 

 

おへそと恥骨の間

 

 

 

 

 

おへその左右と見ていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し押さえます
順番は先ほどと同じです

 

 

手の指を揃え
押さえて気持ち悪くならない程度の力加減です。

 

 

どうでしたか?
皆さんは良いお腹だったでしょうか??

 

 

場所によって、温かさ冷たさの差や
硬い(緊張している、張っている)ところ柔らかいところ
の差があるのではないでしょうか!?

 

 

まずは一度ご自身のお腹をセルフチェックして見てください🤗

 

 

おもちのようなお腹とは違った方はぜひまた次回も見てくださいね!

不妊症治療についてのブログは第2、4木曜日に更新しますので

次回をお楽しみに~