TEL

不妊治療③ | 静岡市で口コミNO1の整骨院!保育士在籍・安心の院内保育・子連れOK 駿河区・清水区 えがおの鍼灸整骨院 聖一色院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 産後骨盤矯正の記事一覧

不妊治療③

2019.04.26 | Category: 不妊症治療,産後骨盤矯正

 

皆様、こんにちは!!
聖一色院の樽井です☺

いつも読んでいただきありがとうございます!
さてさて、不妊治療ブログ第3弾!!

前回は男女ともに不妊と診断されてしまう原因をお伝えしました。

排卵障害 卵管障害 子宮着床障害

の3つが主な原因でしたね🤔

そして排卵障害など、卵が育ちにくいということに関連しているのは
ホルモン分泌の問題でした!!

※詳しくは前回のブログを是非お読みください🌟

不妊治療②

そして着床しづらい、ホルモン数値異常の問題は意外にも私の身体や
皆様のお身体自身が原因となっている!!??

というところで終わってしまいましたね~

お待ちかね、今日はその続きです😂!!

実際に着床しづらい、ホルモン数値が異常になるのには必ず原因が存在します!

ズバリ!結論から言ってしまうと主な原因として挙げられるのは
血行不良です!!!

血行不良の結果ホルモンが正常に分泌されなくなり着床しづらくなるのです。

では妊娠までのホルモン分泌の仕組みから見ていきましょう💁✨

排卵、受精、着床に関連するホルモンが主に4つあります。

📌FSH:卵胞刺激ホルモン…卵を育てるホルモン
📌LH:黄体形成ホルモン…排卵を促すホルモン
📌E2:エストラジオール…子宮内膜を厚くするホルモン
📌P4:プロゲステロン…体温を上げたり、妊娠を維持するホルモン

 

 

 

 

 

画像:鶴川台ウィメンズクリニックさん引用

ホルモン分泌の流れとしては…

①脳から卵巣へ卵を育ててくださいね
という指示を出します(FSHを分泌)

②妊娠できる卵が育ったら卵巣に向かって
排卵を促します(LH分泌)

③卵胞から卵を育てるふかふかベットを子宮に作れー!
と指示が出ます(E2分泌)

④ふかふかベットを作り子宮内膜を厚くする(E2分泌)

⑤子宮をフカフカにし受精卵を迎える準備ができると
子宮が脳にこっちで赤ちゃんを育てることに
力を使います!と指示が出ます
→FSHがしっかり卵に届いたサインとしてFSHの数値が下がる

⑥子宮をフカフカに子宮内の体温を上げて
卵を赤ちゃんに育てるため維持していきます(P4分泌)

エストラジオール(E2)とプロゲステロン(P4)は共に
受精卵のためのフカフカベッドを作る(子宮内膜を変化させる)
重要なホルモンで、これが足りないと
子宮内膜が十分に発達しないために受精卵がうまく着床できないのです。

なんとか貧弱なベッドに潜り込めたとしても
黄体がすぐに退化して、P4の分泌をやめてしまうので
子宮内膜が剥がれ落ち出血がおこって妊娠は中断されてしまいます。
これが月経です🙌

クリニックさんで血液検査をしたことがある方の中に、3日目のFSHの数値が高いから
体質改善してくださいと言われたことがある人がいると思います。

ホルモン値において月経3日目のFSHが高いと
卵胞までFSHのホルモンが届いていないですよ~
ということになってしまうため、
良い卵が育ちにくくなってしまいます

そしてこのホルモン達は血液を介して伝達しているので
血行不良に陥っていると、うまく臓器たちにフィードバックできず
ホルモンが切り変わらなかったり、伝達不慮としてホルモン異常が起きます。

血行不良といっても手足が冷えるという外の話ではなく
ここではお腹の中の子宮に関わる血行不良のことを指します。

血行不良になる原因大きく4つあります!!

が、お約束のまた次回になってしまいました😭💦
(中々核心に触れられずすみません…💔)

次回!血行不良になる原因こそ治療の核心になります!

当院では、ママになるためのサポート治療から
ママさんになった後の産後ケアまで行っております!

皆様に自分自身の状態を知っていただけるよう、わかりやすく分析・説明。
丁寧な治療でお悩みのサポートをいたします!

また当院のLINE@でお友達登録をしてくださった方には

💟セルフ骨盤ケア動画
💟すぐに使えるお得なクーポン
💟健康情報の配信
等の特典がもらえます🌟

LINE@からの予約も受け付けておりますので
初めての方も、すでに通院している方も
ぜひお友達登録してください🌟

では、皆様また次回お楽しみに~