MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2016 4月の記事一覧

怪我の来院        静岡市駿河区葵区清水区治療怪我

2016.04.27 | Category: スポーツ障害

おはようございます。
聖一色院の岩﨑です。

先日、当院にお見えになった患者様です。

・左足関節を内反方向に捻転

微弱超音波(ライプス)で腓骨部、超音波(プローブ)+アイシングで前距腓部を施術しました

低周波(鎮静)と手技で腓骨筋、足関節を中心に腫脹を早く引かせるように施術を行い
処置として、足関節ギブス固定(半ギブス)を行いました。

13041371_460215957523019_7921884421241272129_o-1

うれしい言葉…

2016.04.20 | Category: スポーツ障害,パーソナルトレーニング

患者様より大変嬉しいお言葉をいただきました(*^_^*)

ダイエットコースと併用しながら本日から治療を始めた患者様です。
弓道をしている女性の方で、指・肩甲骨周囲筋群のモビリティの改善を主に治療を開始しました。

12998267_1002551466490651_7619991735452172794_o

少しでも、皆様のお役にたてるようこれからも日々頑張ります!!

バスケの怪我     

2016.04.18 | Category: スポーツ障害

先日バスケットボールのプレー中に、右第5指PIP関節脱臼をして来院された患者さんがいました。
12936486_167670916959041_8750642885398954377_n
脱臼とは関節に力が加わり、骨がはずれ骨の正常な位置を維持できない状態です。
脱臼により靱帯や血管を損傷することがあるので、自己判断しないで早急に専門医に診てもらいましょう。

12512665_167670956959037_2654608741341009932_n

脱臼の疑いがある時は、遅くとも8時間以内には元にもどす必要があります。
早急に整復しておかないと手術が必要となることもあり、場合によっては後遺症が残るケースもあります。
外傷(捻挫、骨折、打撲、突指、肉離れなど)には応急処置をしましょう。早期スポーツ復帰に欠かせないものです。

当院ではスポーツ外傷・障害の専門的な治療を行っております!
怪我で悩んでいる方は是非ご相談ください!

症例            

2016.04.11 | Category: 慢性的な痛みの治療

おはようございます!
聖一色院の岩崎です。

今日は怪我の症例・治療の内容をご紹介します。

左手腱鞘炎
前日の仕事が終わった後に腫脹が顕著に出現し、拇指屈曲、伸展でギシギシと握雪音がする。
自宅ではアイシングを20分ほど行った後に入浴して就寝したそうです。
来院当日の朝は腫脹も引き、違和感が残存しているものの仕事を休むわけにもいかない為、運送の仕事を行いましたが
案の定、腫脹・熱感が増悪した為来院されました。

症状から橈側手根伸筋の腱鞘炎であると判断し、アイシングを行いながら超音波による施術を行いました。
・アイシングによってその極小の内出血を遮断し、筋繊維の破断を最小に抑えることを第一の目的とします。
・冷やすことによって密度が上がるので、密度上昇による単位容積辺りのヘモグロビン量も上がりる為
組織への酸素供給が通常より低流量で確保出来ることから組織回復時には最適です。

更に徒手施術による刺激により圧倒的に振幅の小さな超音波による施術によって筋・腱繊維の破断を最小にしつつ且つ
より深部へ筋スパズム(筋緊張、筋拘縮)の軽減や水腫・血腫の軽減、炎症の治癒促進を目的とした施術を行っていきました。

同一の施術を1、2回目と行い、3回目の来院時には握雪音が消失、熱感・腫脹もみられなくなるまで回復し、野球の試合への参加もできるようになりました。
急性期の症状はもちろんのこと、アイシングや超音波、低周波など施術の内容をしっかりと把握し施術にあたることで早期治癒につながると改めて感じた症例でした。

アキレス腱炎      

2016.04.04 | Category: スポーツ障害

おはようございます。
山本です(*^_^*)

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎はアキレス腱を使いすぎることから発症することの多いスポーツ障害の一種です。

症状は、全力で走ったり、ジャンプしたり、強く踏ん張った時だけ痛みがでることが多いです。
初期の痛みはそれほど強くありません。多くの方々は、スポーツを続けてしまいます。
その結果、悪化させてしまうのです。
※アキレス腱を押さえてみると、アキレス腱自体が硬くなっており、押すと強い痛みや腫れていることもあります。

12801630_153194051740061_3593812133908153995_n

主な原因は、ランニングやジャンプ時に、ふくらはぎの筋肉が収縮すると
アキレス腱にテンションがかかり、かかとの骨を引き上げます。

そのアキレス腱にかかる負荷の蓄積によりアキレス腱に微細な傷・断裂が発生し、炎症を起こすことによって
アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎が発症します。

オーバーユース(使い過ぎ)によるアキレス腱への疲労蓄積が主な原因です。

治療初期では痛みや炎症症状が消失するまでの間、患部の安静と炎症を抑えるためのアイシングを行います。
基本的な目安は、アキレス腱周囲の「圧痛がなくなるまで」と考えてください。

炎症がなくなってきたら、温熱療法やストレッチ、手技療法などでアキレス腱の柔軟性の向上をはかる治療を行います。
予防としてウォーミングアップ前に、ふくらはぎやアキレス腱をしっかりと伸ばすなど入念に行いましょう!

当院へのアクセス情報

えがおの鍼灸整骨院 聖一色院

所在地〒422-8007 静岡県静岡市駿河区聖一色88-1
電話番号054-295-9088
駐車場14台あり
休診日木曜日午後 (木曜日の診療時間 9:00~12:00)