MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2016 11月の記事一覧

マラソン外傷    

2016.11.30 | Category: スポーツ障害

こんにちは!

整骨院主催のマラソントレーナー担当の山本です。11月に入り急激に気温が低下しましたねface19

涼しくなってマラソンランナーには最適な気候ですemoji09

同じ動きを繰り返すランニングの動作は

バランスを崩した走りを繰り返すとどこかに

炎症や疲労として違和感や痛みが出ると思います。

足首を曲げる運動が過剰に行われ

使い過ぎが原因でくるぶし外側付近で炎症が起き痛みがでます。

着地時や体重を掛けたときに痛い

ストレッチをかけると痛む

押すと痛い、腫れた感じがする

足裏やふくらはぎ外側にも張り感がある方は

ランナーに多い腓骨筋炎の可能性があります!

足の向きに対して、スネやヒザが外を向こうとしたり

小指側に体重がかかりやすいランナーや

サイドステップや切り返し動作の多い種目のアスリートに多く発症します。

サークルメンバーでも大会前にオーバーワークをしてしまい
足を引きずってしまうほど重症になってしまいましたemoji06

まずは、安静にすることが一番です!!

急性期ではアイシング

超音波治療器、HVによる痛みの軽減。

ケアローラー・ボールをつかったふくらはぎのマッサージ

テーピング固定を行いストレッチ指導でケガをしにくい身体作りをアドバイスします。

当院で治療を継続し1週間で痛みが軽減し走れるようになりました!

ランニング外傷で悩んでいる方がいましたら是非お越しください!!emoji09

アキレス腱

怪我からのリハビリがその後をわける!!   

2016.11.25 | Category: スポーツ障害,パーソナルトレーニング

 

こんにちは!

整骨院メディカルチームトレーナーの柴田ですicon01

当院はパーソナルトレーニングジムを併設しております。

整骨院では珍しいですが
ケガの完治を目指すには必要不可欠ですemoji01

こんな話をよく聞きませんか?

スポーツでケガをし、整形外科や整骨院で治療を受けました。

ある程度良くなってきたので
先生からも競技復帰の許可をもらい

いざ再開してみたものの、、

また同じところを痛めてしまった!

やっぱりまだ痛みが残っている!

不安感がある..

これでは選手もプレーが怖いし
競技に対しての自信もなくなります

そこで
競技復帰するための準備として

リハビリをする事で

早期の競技復帰

再発防止

に繋がります!!

選手も自信をもってスポーツに打ち込めるはず!face02

治療して痛みが取れたら終わり

ではなく、
リハビリをして競技復帰するまで

当院ではそこまで診させていただきますemoji01

ケガを出来る限り早く治したい!

確実に競技復帰したい!

学生、スポーツ選手で
お悩みの方がいましたら

是非、当院で治療とリハビリを
受けてみてはいかがでしょうかface25

当院へのアクセス情報

えがおの鍼灸整骨院 聖一色院

所在地〒422-8007 静岡県静岡市駿河区聖一色88-1
電話番号054-295-9088
駐車場14台あり
休診日木曜日午後 (木曜日の診療時間 9:00~12:00)